恋愛に少し疲れたとき心に響く【フランスの愛に関する格言8選】

スポンサーリンク

愛のガス...美しい響きですが、おならです。

今回はおならをも愛に結びつけるフランス人の、愛に関する格言をまとめます。

愛とは一緒にバカになることだ - Paul Valéry

ポール・ヴァレリー (1871-1945)はフランスの哲学者で詩人でした。彼の有名な愛に関する格言はこちらです。

"L'amour, c'est être stupide ensemble" (love is being stupid together).

堀辰雄の中編小説『風立ちぬ』冒頭に、堀自身が訳したヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節「風立ちぬ、いざ生きめやも(Le vent se lève, il faut tenter de vivre.)」が引用されており、また小説の題名にも使われています。

心でしか見ることはできない - Antoine de Saint Exupéry

"Ne voit bien qu'avec le cœur"(it’s only with the heart that one can see)

これはアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ(1900-1944)の有名な引用です。

彼はフランスの作家であり飛行士でした。彼は1944年の自由フランス空軍の偵察飛行中に、マルセイユの近くの地中海で姿を消しましたが、「Le Petit Prince」は世界中によく知られています。

愛とは文明の奇跡である - Stendhal

彼は、感動的なフランスの愛をこのように書きました。

"L'amour est le miracle de la civilisation"(Love is the miracle of the civilization)

スタンダール(1783-1842)はフランスの作家でした。彼は、小説『赤と黒』『パルマの憲章』を書きました。

あなたが私を愛している限り問題はない - Édith Piaf

この引用は、エディット・ピアフ(1915-1963)の歌「愛のから引用されています。

"Peu m'importent les problèmes, mon amour, puisque tu m'aimes" (Nevermind the problems, my love, as long as you love me).

愛されたいなら、愛さなければならない - Honoré d’Urfé

"Il faut aimer si l'on veut être aimé"(You must love if you want to be loved)

オノレ・デュルフェ(1597-1625)はフランスの小説家でした。彼は『アストレ(L'Astrée)』という超長編小説を書きました。

愛は自分の外でその祝福をする - Alain

Alain (1858-1951)  はフランスの哲学者でありましたが、哲学的傾向への帰属を拒否しました。
彼によると、人は先入観を避けなければならないものです。

愛について、彼はこういいました。

"Aimer, c'est trouver sa richesse hors de soi" (love is finding one’s blessing outside of oneself)

世界で唯一の真の言語はキスである - Alfred de Musset

"Le seul vrai langage au monde est un baiser"(the only true language in the world is a kiss)

この格言は、フランスの詩人であり劇作家であるAlfred de Musset(1810-1857)の引用です。

愛とは最後のチャンスである - Louis Aragon

最後はこちらです。

"L'amour est ta dernière chance" (love is your last chance).

フランスの詩人でジャーナリストのルイ・アラゴン(1897-1982)によって書かれました。

 

フランスのおしゃれな慣用句はこちら

タイトルとURLをコピーしました