「幸せホルモン」が与える意外な影響!よくおならをする人は幸せな人?

スポンサーリンク

 

みなさん、外出制限中いかがお過ごしでしょうか?

ずっと家に篭っていると気持ちも肛門も緩んできませか?

外に出ない日が続くと、一緒に住んでいる人におならを聞かれてしまうことも少なくないと思います。

おならの原因

なんでも腸の粘膜にはセロトニンというホルモンの元があり、その量が多いと下痢になり、少ないと便秘になるため、おならの原因になると最近分かったそうです。

セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、脳内に情報を運ぶ神経伝達物質のひとつであることは有名です。リラックス、安心感、幸福感などをもたらします。しかし体内にあるセロトニンは約90%が腸、約8%が血液中にあり、そして脳内に存在するのはわずか約2%です。

セロトニンの元となる物質は食事から摂取した必須アミノ酸から、腸内細菌のはたらきでつくられます。それが脳に届くとセロトニンとなり、リラックスや幸福感などの感情を発生させるのです。腸内環境が良いと十分な量のセロトニンの元が脳へ送られるため、精神状態が安定する一方、腸内環境が悪いとセロトニンが足りずにイライラや不安感の原因になります。

「幸せホルモン」の作られ方

セロトニンは太陽の光が目の網膜に入るとそれがスイッチとなり分泌がスタートします。太陽光を浴びると気分も良くなりますが、おならが増えるというわけですね。

家に篭って太陽光を浴びる機会は減ったはずなのにおならが減らないのは、他にもたくさんの理由はありますが、ひとつはセロトニンの量が人より多いということなのでしょう。

幸せな人はよくおならをするということです。

おならのいいわけとして「私は幸せだから」と言えるのはかっこよくないですか?

現在では、本当に困っている人用にセロトニンの量をコントロールする薬も開発されているそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました