付き合うまで知らなかった!フランス人彼氏の隠れた生態

スポンサーリンク

「俺のことが好きなら臭いおならくらい我慢できるだろう」とでも言いたげでした。

毎回臭い匂いを撒き散らかされて困っているのは私なのに、彼は眉を八の字に、口はアヒルにして「ヒロコに怒られてかわいそうなガイック」の顔をしてきます。意味わからん。

ほぼ毎日おならをする

付き合うまでは彼がこんなにおならをするなんて、しかもそれがとても臭いなんて知りませんでした。。

あまりにもおならするので、インスタのネタにしてやろうと思ったら、私のインスタを見た彼の友達から「ガイックはいつもおならしてるね!」と言われたのがショックだったらしく、おならネタを投稿しようとしたら嫌がったのでここに置いておきます。バレて怒ったらお蔵入りです。

インスタに投稿しにくくなるので、日本のお友達はできるだけおならには触れず、そっとしておいて欲しいです。

おならネタなどでバカにされるのを嫌っているので、できれば彼がかっこいい姿を描きたいのですがなかなか難しいのが現状です。

最近、おならをしないために牛乳を飲むのをやめてから確実におならの頻度は減っています。(おなら対策の記事はこちらから)

それでも音を立てずにすれば問題ないと思っているのか、たまに突然強烈な匂いが部屋に充満するので、怒りとおもしろさが湧いてきます。

これは漫画にしたいと思っても、「やめよ!」と言われたらやめるしかありません。。

毎日愛情表現をしてくれる

ハグやキスなどのフィジカルな愛情表現はもちろん、耳に砂糖が詰まるんじゃないかと思うほどの甘い言葉を送ってくれます。照れて「愛してる」なんて言えないなんてことは一切なく、惜しまんばかりの愛情を日々表してくれます。

公共の場や友達、家族の前でもそれは変わらないので日本人としては恥ずかしくなるのですが、フランス人同士のカップルでは年齢を問わず公共の場でいちゃこきます。

また、可愛らしくてスウィートな愛称で呼んでくれるので何気ない会話でも少し嬉しくなります。

フランス人がよく使う恋人の呼び方はこちら

ガイックのかっこいいところ

おならの記事をよく書かれてしまう彼の名誉回復のためにかっこいいところをひとつあげておきます。

むちむちで胸毛もじゃもじゃですが、実は足が速いんです。

短距離走で私が勝ったことはありません。

タイトルとURLをコピーしました