日本とこんなにも違う!フランスのクリスマス〜年末年始の過ごし方

スポンサーリンク

みなさん、ボンジュール!

今年は初めてフランスでクリスマス、年越しを過ごす予定です。

クリスマス前には、いろんなところで本物のもみの木が売られ始めます。クリスマス用に育てられたもみの木で、毎年この時期になると山から運ばれてくるのだそう。この時期は毎年600万本ほどのもみの木の売り上げがあるのだとか。

今回は日本とはだいぶ違うフランスの年末、年越しの様子をまとめます。

クリスマスイブ、クリスマス

12月24日の夜は、フランス人家族がクリスマスを祝い、お祝いのフランス料理とワインを楽しむために夕方集まります。フランス人がゆっくりと長い時間をかけて食べる習慣があるというのを聞いたことがあるでしょうか?この日の夕食はその習慣の良い例で、食事は最長6時間続きます。

ルレヴィヨン(Le réveillon)

これはフランスのクリスマスイブと元旦の前夜の食事の名前で、豪華なごちそうです。
ルレヴィヨン(Le réveillon)は深夜まで行われるため「目を覚ます」「復活させる」という動詞「reveilr」に由来します。

伝統的なフランスのクリスマス料理

地域によって異なりますが、いくつかの一般的なフランスの伝統的なクリスマス料理は次のとおりです。

  • スモークサーモンとカキ
  • パンとバター
  • フォアグラ(ガチョウまたはアヒルの肝臓)
  • ガチョウまたは栗を詰めた七面鳥
  • ジャガイモのソテー

ごちそうの最後には、伝統的なチョコレートと栗で作られた丸太のようにデコレーションされたスポンジケーキである、La bûche de Noël(クリスマスラボッシュ)を食べます。

フランスのクリスマスの挨拶

フランスの人々はお互いに 「Joyeux Noël (Merry Christmas)」、「Bonnes Fêtes(Happy Holidays)」と言ってビズをしクリスマスを喜びます。運が悪いので、大晦日の真夜中の年が明ける前に「Bonne Année (Happy New Year)」と言わないようにしましょう。

真夜中のミサ

教会礼拝はクリスマスイブにも開催されます。クリスマスの日に奉仕を好む多くのフランス人がミサに参加する、重要な伝統となっています。

クリスマスキャロル

伝統的なフランスのクリスマスキャロルは多くないので、英国、ドイツ、その他の場所からの多くのクリスマスソングを歌います。時間が経つにつれて、非宗教的な歌がさまざまな言語からフランス語に翻訳されて歌われます。

Les Treize(13)デザート

これはプロヴァンス地方のフランスのクリスマスの伝統です。クリスマスのメインのごちそうの後に13種類のデザートがあるんです。これは、キリストと最後の晩餐の12人の使徒を象徴しているのだそう。

Les Treize(13)デザートには、果物、ナッツ、干しイチジク、ヘーゼルナッツまたはクルミなどのスイーツ、アーモンドと干しブドウ、またはポンペアルイールと呼ばれるケーキが含まれます。プロヴァンス地方ではクリスマスの伝統の一環として、来年の幸運を祈るために、家族全員がそれぞれのデザートを食べる必要があります。

クリスマスのアルコール

グリューワイン(ワインと香辛料などを温めて作るホット・カクテル)はバーやフランスのクリスマスマーケットで人気がありますが、フランスの家ではあまり作りません。クリスマスディナーには美味しいワインとシャンパンは欠かせません。

テーブル装飾

フランス人にとって、クリスマスダイニングテーブルをエレガントに装飾することはとても重要です。トリニティ(キリスト教での三位一体)を表す3本のろうそくをテーブルに置き、映えをねらいます。クリスマスの伝統として、テーブルクロスの端を結びつけます。これは、悪魔がテーブルの下につかないようにするためだそうです。

クリスマスマルシェ(Marché de Noel)

フランスのクリスマスマルシェに並ぶのは、フランスのクリスマスの伝統の品だけではありません。小さな町や村の職人が生産したギフトや、フォアグラやコンフィデカナードなどの地元の料理を販売しています。

サントン・ド・ノエル(Santons de Noël)

南東フランスのプロヴァンス地方で生産された手塗りのテラコッタ降誕シーンの小さな人形です。伝統的なプロヴァンスクレッシュでは、ハサミグラインダー、魚妻、盲人、栗の売り手など、プロヴァンスの村の生活のさまざまなキャラクターを表す55人の人物がいます。
クリスマスマーケットではたくさんの作品が販売されているので、多くのフランス人はこれを家に飾ります。

ルペールフエタード(Le Père Fouettard)

フータード神父は12月6日、または12月19日に正統派教会に贈り物を配布する守護聖人ニコラス(サンタクロース)の敵対者として働き、子供をいい子か悪い子か判断します。悪い子と言われた子供は鞭打ちや平手打ち、または誘拐すると脅迫されます。

パピロテ(The papillotes)

これは、きらきらした金色の紙に包まれたチョコレート(または砂糖漬けの果物)です。中には小さな可愛いフレーズが書かれたメモが入っています。パピロテは、18世紀の終わりにリヨンで作られました。このチョコレートを考えたシェフの名前「Mister Papillot」から由来しています。
パピロテはフランスのクリスマスの美味しい伝統であり、毎年末に店で大量に販売されています。クリスマステーブルを彩る、フランスの重要な伝統のひとつです。

ヤドリギ(mistletoe)

ヤドリギはフランスのクリスマスの伝統で、人気がのある装飾品です。クリスマスシーズン中にドアの上にそれを掛け、来年の幸運を願います。

 

大晦日、年明け

31日の夜は劇場やオペラに観劇に行く人や、レストランに特別メニュー(シルベストル・メニュー)を食べに行く人がいます。若者は誰かの家でパーティーをしてダンスしたりして年越しを過ごすのが多いようです。

年越しの瞬間のシャンゼリゼ通り

毎年大晦日に行われる凱旋門のプロジェクションマッピングを見ようと、シャンゼリゼ通りは大賑わいになります。盛大な花火も見られることから、大人気のイベントですがスリに注意!

車を燃やす

革命の血が流れてるフランス人は興奮すると車を燃やしたくなる衝動にかられるようです。年越しに感極まった一部の人たちによって、あまり治安のよくない地域で毎年700〜1000台の車が新年に燃やされます。

フランスの新年の挨拶

フランスの人々はお互いに 「Bonne Année (Happy New Year)」と言ってビズをし新年を喜びます。年明けに興奮したフランス人は「Bonne Année !!!!」とできるだけ大きく言うことが嬉しいのか、年明けの瞬間から15分くらいはあちこちで誰かが叫び声が聞こえます。

公現祭(La fête des Rois)(épiphanie)

公現祭は1月6日または1月2日から8日の間の主日(日曜日)に、すべてのキリスト教会で行われる祝祭です。フランス語の「épiphanie」の語源はギリシャ語の出現を意味する「epiphaneia」で、東方からイエスを礼拝するためにベツレヘムを訪れた三博士へのイエスの「顕現」を祝います。19世紀以降、王様の日とも呼ばれるようになり、フェーヴとガレット・デ・ロワが東方三博士の供物の象徴となりました。

ラガレットデロワ(La Galette des Rois)

「王様のケーキ」で公現祭を祝います。このケーキには3つのバージョンがあり、人気のがあるのは、リンゴが入った薄片状のパイ生地で作られたもの。また、砂糖漬けの果物の入ったブリオッシュケーキと甘皮ペストリーサブレガレットもあります。ケーキは通常、特別な袋に入れて販売され、「王様」のための紙の冠が付いています。

伝統的に、テーブルの下に隠してケーキを配ります。切り分けられたケーキを手に入れるべき人の名前を叫ぶのは、家族の中で最年少です。

サーカス

このサーカスはフランスの子供たちに愛されていて、クリスマス前の12月中旬から、年明け1月のはじめ当たりまで、各都市ごとに開催されます。

 

まとめ

フランスのクリスマスには日本にはない面白い伝統がありますが、年越しは1月2日から仕事を始める人が多いので、お正月気分はなさそうですね。少し寂しい気もしますが、その分クリスマスから年越しまでを楽しみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました