フランス語力0で渡仏を決意した私のフランス語勉強方法【初心者におすすめの本・映画・youtube】

スポンサーリンク

フランス語力0の状態でフランスへのワークングホリデーを決意した私。
日本にいる時から、独学でフランス語を勉強し始めました。
私のフランス語勉強方法は、主に以下の3つ。

  • 参考書を読む
  • 映画を見る
  • youtubeを見る

今回は私のようなフランス語初心者におすすめするフランス語の勉強方法を紹介します。

参考書を読む


普段本・参考書を購入する場合、口コミや売れ筋などチェックすることが多いかもしれませんが、フランス語勉強用の本を選ぶ場合にはあまり良くありません。

「フランス語の学習本」は各出版社から、たくさんの本が販売されているので口コミで探したくなるのも分かりますが、きちんと自分に合った本を探すべきです。

また一言に「フランス語学習」と言っても、留学に行くまでに日常会話を覚えたい、仏検をとりたい、会社で使えるビジネスフランス語を学びたい、などレベルだけでなく目的も違うので、やみくもに選ぶのはおすすめできません。
次に説明するポイントを抑えて選んでみて下さい。

本を選ぶときのポイント

リスニング対策用のCDがセット

CDのあり・なしで金額は変わりますが、一緒にCDが収録されたテキスト教材であれば聞き流しでリスニング練習ができますし、音声を追いかけてシャドーイングすれば、発音の矯正にも効果的なので上手く活用しましょう。
フランス語勉強の読み方、発音は英語の読み方とは異なりますので、CDはとても大切です。

1年間独学で一生懸命フランス語を学び、渡仏した日本人のフランス語をネイティブ達は何も聞き取れなかったという話を聞きました。旅行本に載ってあるようなカタカナ発音では正直なにも伝わりません。それくらいフランス語の勉強において発音は大切なのです。

会話フレーズが多いこと

もし単語、文法など基本的なフランス語力がある場合は、実用的なフレーズがより多く収録されている本を選んでみてください。
フランス語をフレーズで大量にインプットすることが出来れば、実践で話せる会話のレパートリーは、かなり広がると思います。
フレーズで覚えてしまえば、会話をするときに役立ちます。

見やすく・読みやすいデザイン

購入する前に念のため確認しておいてほしいのが、文字が多い、図や写真、イラストが多い、メモスペースがある、など見やすく参考書として使いやすいかどうかです。
Amazonには試し読み機能があるので、少し覗いてから購入することをおすすめします。

そしてできれば、本のどこかにフランスの地図があるのがいいです。例文の中にフランスの地名が出てくることは多いですが、フランスに住んだことがない人にはどこに何があるかわからないと思います。その都度ネットで検索するのはめんどくさいので、地図つきであればなおよしです。

おすすめのフランス語勉強本

【初心者はここから】フランス語勉強におすすめ本5選

Amazonの試し読み機能で、本を選ぶときのポイントを抑えているか、自分に合いそうか少し覗いてみてください。

ゼロからスタートフランス語 会話編

全く習ったことがない初心者でも丁寧な解説が書いてあるので、とっつきやすく挫折せずに勉強を進めていける本です。
CDがついているので発音練習にもなりますし、初歩の会話からじっくり学ぶことができます。

ゼロからスタートフランス語の単語BASIC1400

まず単語を基礎から効率よくインプットしたい場合、ゼロからスタートフランス語の単語BASIC1400がおすすめ。
普段耳から入ってくる機会のないフランス語は積極的に耳から取り入れていかないと学習しづらいので、このCDを繰り返し聞くことで耳を慣らしていってください。
テキスト内の動詞の活用系を用いた短い例文で、実際に使う会話の基礎を学ぶことができます。

プチ・ロワイヤル仏和辞典 第5版

文法についてわからなくなった時のために、初心者用の文法書を買うのもいいですが、実はプチ・ロワイヤル仏和辞典の後ろには文法が載っているので、フランス語がどのレベルになってもずっと使えます。
この辞書には、文法解説だけでなく、動詞の活用表も載っているので重宝すること間違いなしです。

フランス語をひとつひとつわかりやすく。

絵はたくさん欲しいけど、文字はあまり読みたくない!というわがままな人にもおすすめできる本です。かわいいイラストと書き込み式のやさしい練習問題がたくさんあるので、シンプルなデザインのわりにしっかりと理解した内容を定着させるとこができます。

CDブック はじめてのフランス語

とにかく読み書きよりもフランス人と会話できるようになりたいという人にはこちらがおすすめ。なんと、日本語+フランス語でダイアログを収録したCD1、ダイアログ・単語などをフランス語のみで収録したCD2の、CD2枚付きで、学習シーンやレベルに合わせて使い分けることができます。

期間限定無料オンライン本

コロナの影響で学校で勉強できない今、期間限定で無料、登録なしのオンライン本が公開されています。

このシリーズはパリ市民講座のフランス語の授業で使われているものです。

すべてフランス語で書かれているので、自己学習で進めていくには挫折しやすいかもしれませんが、今だけ無料で公開されているので挑戦してみてもいいかもしれません。

無料オンライン本をみてみる

映画を見る

フランス語学習におすすめの映画はこちらの記事でまとめてます。

youtubeを見る

フランス語教育系youtuberから学ぶのもおすすめ。フランス語は話し手の性別によって使う言葉が変わるので、女性は女性のフランス語、男性は男性のフランス語を聞くことをおすすめします。選び方のポイントは自分と同じ性の声の近い人を選びましょう。フランス語が入ってきやすいです。

 

Français avec Pierre


彼らの話す言葉は全てフランス語ですが、ゆっくりとわかりやすいジェスチャーや例などを挙げて説明してくれるので、最初は何を言っているかわからなくてもだんだんとわかってくるはずです。聞き流しているうちに自然と単語や表現も身につきます。

 

Piece of French


丁寧な解説と自分の身の回りの家族、友達を巻き込みながら主に日常生活で使う重要なフランス語を教えてくれます。声が高くない女性におすすめ。

 

Easy French


フランス人が一般のフランス人に様々なインタビューをする動画です。
英語とフランス語で字幕がちゃんと書いてあるので、一時停止をして単語の意味を調べたりしやすいです。スラングなども話されていて、実際に使われている生きたフランス語を勉強するのに便利です。

 

Learn French With Alexa

フランス語を勉強したい人は女性が多いはず。このyoutuberは少し声が高いので、地声が高い女性におすすめです。ベテランフランス語教師の感じで、解説は英語でしてくれます。

Learn French with Elsa

星の王子さまの解説もしてくれています。星の王子様は著作権が切れているため原文がネット上どこでもあり、朗読している音源も大量にあるため、使われている言葉は少し難しいですが勉強しやすい教材のひとつです。

彼女も声が高い方なので、似た声を探している方は見てみて下さい。

French School TV

フランス語のレベル別にわかりやすいフランス語で授業をしてくれるので、自分のレベルがどのくらいなのか判断することができます。

 

勉強に使えるものはすべてうまく活用して可能な限り、生活の中にフランス語を取り入れるように工夫してみましょう。
日本でフランス語を全く話さない環境にいれば自分から取り入れない限り、上達はできません。

特に耳は暇になるチャンスが多いので、料理中、単純作業中、通勤中などは耳からフランス語を入れましょう。
毎日継続することも大事なポイントです。
一緒にがんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました